東日本大震災から3年余が経過し、復興が道半ばである中、各地で頻発している災害へ対応するためにも、IT支援の必要性が益々高まっています。

こうした状況のなか、防災・減災および災害からの復興にITを活かして持続的に関わろうという有志が、組織や立場を超えて集まり、知恵や情報を共有し、これからを考える「場」として、「ITx災害」コミュニティを立上げました。

その取り組みの一環として、昨年につづき、第2回「ITx災害」会議を、2014年10月4日に開催いたしました。ITやインターネットの力を使い復興支援活動に取り組んでいる多数の皆様にお集まりいただき、互いの取り組みを振り返り、今後起こるものと予想される災害に向けて、何ができるか、何をすべきかを、昨年同様、参加者同士で自発的にテーマを設定し、各自の意見を伝え合い、共同作業を進めていく「アンカンファレンス」形式で開催いたしました。

第2回「ITx災害」会議のレポートはこちら

「ITx災害」

ITで災害に関わる人たちがつながり、組織や立場を超えて知恵や情報を共有し、これからを考える「場」


ニュース

2014年10月4日に第2回「ITx災害」会議を開催しました(レポート